読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャパンカップのやつ

 

 勉強萎えたので気分転換にジャパンカップ使ったやつを書いていこうと思います。

レートは1630くらいなのでまったく参考にならないけど、許してください…(GW普通に忙しかった)

 

<使ったやつ>

f:id:way1chance:20160511043001p:plainf:id:way1chance:20160511043012p:plain

f:id:way1chance:20160511043031p:plainf:id:way1chance:20160511043048p:plain

f:id:way1chance:20160511043110p:plainf:id:way1chance:20160511043121p:plain

(雑感)

 禁伝枠イベルタル+ゲンシオーガのトリパ。スペレ潜ってる時にグラカイトリパが多く、自分でも使ってみたいと思ったのが出発点。トリックルームの展開役としてドータクンを採用。そして、強い雨によってドータクンの展開をサポートでき、トリルアタッカーとしても優秀であるゲンシカイオーガも確定。他の一般枠は、猫だましによる展開補助+メガ枠としてガルーラドーブルボーマンダに対する圧力をかける化身ボルトロス、トリル下と相性が良くていかりのこなによって横のポケモンを守ることができるモロバレルを入れていた。

 イベルタルについては、グラカイ系統の構築に刺さると感じて採用した。実際にその系統に対しての強さはかなりのものだったが、それ以外で使用率の高いグラゼルネ・オーガレック系構築に対しての刺さりは悪く、非常に扱いにくかった。

 試合内容に関しては、イベルタルの刺さりが悪い相手に対してはオーガ+一般枠3で挑むことが多く、単純にパワー負けしてしまうため、苦しい試合がほとんどだった。イベルタルの型が自分の中でうまくまとめられなくて中途半端なものになってしまったのも選出しにくかった原因だろう。また、相手のドーブルの処理に遅れてしまうと、ワイガorこの指によってトリルターンをしのがれたり、相手の横のポケモンが自由に動かれるのもキツかった。

 こうした問題点は試運転してれば事前に気付くことができたと思うので、大会の前にはしっかり試運転をしてみるのが大事だなと改めて感じた。ぶっつけ本番じゃそりゃ勝てないわ…

基本選出は、(前ガルーラドータクン 後イベルタルカイオーガ)で、トリル展開後カイオーガが暴れて、トリルが切れた後はイベルタルで〆る動きを想定していた。後出しのリスクが高いルールなのでトリル展開後にカイオーガを死に出ししたかった場面が多く、ガルーラドータクンにまもるを入れて片方だけ落としてもらう動きができたらよかった。

 例年ジャパンカップは変な構築使って大失敗する傾向があるので、来年は使い慣れたパーティー使おうと思う。

 

(一応個別紹介)

イベルタル@たま おくびょう CSぶっぱ

あくは/ふいうち/バクア/まもる

 大失敗枠。下降補正入ってる不意打ちは弱い!Cぶっぱしてるのに悪波じゃ火力が足りない!!バクアでC下げたところでGSじゃあどうにもならない!!!まあ悪技しか持ってない時点で腐るのは目に見えてたな、と。

 ドータクンをワンパンするための悪波・中途半端な素早さをカバーする先制技として不意打ち・相手のオーガがつらいので火力を抑えるバクア という意図で技を選んだが、バクアを採用しているのにも関わらず持ち物が珠であったので場持ちが悪く、自身や横のポケモンへの被害が大きかったり、相手を大きく削る技がなかったので使いづらかったです。

 先ほども書きましたがグラカイやトリル役に対しては技の通りがよく、Sの関係や火力のある先制技で強みが出るポケモンですが、逆にそれら以外のポケモンに対しては不利を取ってしまうことが多かったです。弱点をつかない限り相手のポケモンをワンパンできるような火力を出せないポケモンなので、鉢巻や珠を持たせてふいうちで縛れる範囲を広げる物理型の方が使いやすいのかなと感じました。 

 

カイオーガ@藍玉 れいせい HBベース 

 しおふき/こんどう/冷ビ/まもる

 トリル下で動かす想定なので最遅。天候を強い雨にすることで弱点がなくなるドータクンとの相性はかなり良く、トリルで上をとったときの制圧力はさすがでした。ただし、最遅のオーガはトリルを張らない限り相手のS無補正オーガに不利を撮り続けてしまうので、ただでさえオーガの通りがいいこちらのパーティーでは相手の初手オーガがかなり辛かったです。1600〜1650のレート帯ではもうほとんどいないと思ってたオーガレックにばっかりマッチングしたので本当にしんどかったです…。

 後出しで天候を取り返す動きも想定していたので技をしおふき→ねっとうに変更するべきでした(潜る前に変えるの忘れてた)。

 

ガルーラ@いし ようき AS

おんがえし/ふいうち/けたぐり/ねこだまし

普通のガルーラだが、トリル下で動かしづらかったです。Sはドーブル抜きまで抑えてもいいかもしれないのと、まもるが欲しい場面も多かったのでもう少し考えて構築に入れるべきでした。

初手こっちガルーラ何か対相手ドーブルゼルネってなったときにドーブルに猫すると絶対二ドガされるんで、次からはゼルネに猫しようと思いました()

 

ドータクン@ラム ゆうかん HAぶっぱ

ジャイロ/しんぴ/スキスワ/トリル

流行りのポケモンであるだけに強かった。ただし、ドーブルが相手の場にいると、指でスキスワやゼルネへのジャイロを吸われたりで好き放題されます。しんぴでダクホ防ぐだけじゃまったく対策になっていなかったです(当たり前)。

あと、横にイベルタルがいるとトリル下でも相手のガルーラのふいうちで縛られてプランが狂ったりするので気を付けましょう。

 

化身ボルトロス@ゴツメ おくびょう CS

10万/イカサマ/でんじは/ちょうはつ

前使ってた構築でゴツメボルトつかったら強かったのでそのまま流用してしまったポケモン。でんじはよりまもるが欲しかったし、この構築ならタスキのほうがよかったかも。

イカサマはめざ氷よりメガレックとかグラ―ドンに入りそうなのと、イベルタルいるから強いかなと思って採用していたが、そもそも選出する機会が少なかったのでほとんど打ちませんでした。ただ、叩きでA+4段階上がったテラキをダークオーラ込イカサマでワンパンしたときは本当に気持ちが良かったです!!

個人的に相手のレパルのちょうはつアンコを許したくないので、このルールのボルトは最速で使いたいなと思ってます。

 

モロバレル@メンハ のんき HB

エナボ/いえき/ほうし/こな

ジャパンカップ中はこのポケモンではなくガルーラでトリル補助を行っていたので、このポケモンでの展開も練習しておくべきでした。粉でちょうはつを吸ってトリル展開を補助しようとしたのと、クチートが重いのでそこをごまかす枠でしたが、実際にはほとんど出せずもったいないなと感じました。

 

 

<さいごに>

この構築はやりたいこととポケモンの構成が噛み合っておらず、結果としてとても残念なものになってしまいました。就活やらの関係でしばらくポケモンからはなれることになると思いますが、落ち着き次第またポケモンやりたいですね。

 

 

 

 

 

また勉強に萎えたらオタク記事でも書こうと思います